アレキの日記帳

いつも心に 青空を

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

胸を打つ歌とは?

今回は、今考えている事について書きたいと思います。
まだ考察している途中ですが、ここで一旦整理したいと思います。


現在歌関係の放送をしている事もあり、動画は勿論ライブ等でも沢山の歌を
聴いてきました。そんな中で、私は歌を聴いて感動する、という経験を何度か
しています。恐らく皆さんも少なからずそういった経験はあると思います。

そしてある日ふと、「どういった歌が胸を打つのか?」という点に興味を持ち、
それ以来、そこに意識を置いて色々観たり聴いたり考えたりしてきました。
今回は、その点について現時点の考えを纏めてみたいと思います。

当然、ものの感じ方や考え方は人それぞれだと思うので、
これはあくまで私個人のものであるという事に注意して下さい。


まず、一番感動したというか号泣した歌としては、えいちぴよこさんが
去年東京で開催されたアコースティックライブでの歌があります。
この日は本当に号泣しっぱなしでした(日記)。
  ↑日記の曲順はかなり曖昧ですが…

ここで注目したいのが、ぴよこさんがMixiの方にコメントで書いてくれたのですが、
「自分の心境にシンクロして歌った」とあります。実はこの前日ぴよこさんの
プライベート的に辛い出来事があり、それが影響して特にシンクロが
強くなったのだと思います。きっと、その事実を私が知っていなくても
同じ結果になったでしょう。

それに関連して、先日動画で見た「生うたオーディション」での、
オーディション参加者の一人に対して言われた審査員のとあるコメントに、
なるほどと思ったものがありました。こんな感じだったと思います。

 「曲の登場人物になったつもりで歌うと、心のどこかで他人事だという
  意識があり、聴く人の心には伝わり難い。自分の過去の経験に
  シンクロさせ、その時の心境を思い浮かべながら歌うとよく伝わる」


というものです。もしこれが過去の自分ではなく、現在の自分とシンクロ
させたのなら、それこそ聴き手に伝わらない筈はありません。
ここが大きく働いているんじゃないかと思ってます。

取り敢えず現時点ではこの辺で。
まだまだこのテーマについては考えて行きたいと思ってます。
以下はまだぼんやり考えていること。

----------
他に影響を与えている要因としては、次の事があると思います。

 ・自分が知っている曲である(好きな曲だと更に)
 ・音響効果がよい場所で聴く(小さなライブハウスで適度なエフェクトを掛ける等)
 ・その時の自分の心境や状況
 ・自分にとって心地よい周波数の声を持つ人の歌である

加えて、本テーマを考える上で、動画として上がっている作品の中で
特に感動した作品を挙げておきます。考察の材料にさせて頂いています。

  カシオペイア 歌ってみた【えいちぴよこ】
  

  Make a Wish (小さきもの英語ver.)何故か歌ってしまった ココル
  

  【オリジナル曲】Drawing Palette【HanyCham、DATEKEN、aska96】
  


以上です。
拙く、纏まりきっていない文章ですが、最後まで読んで頂き有難う御座います。

スポンサーサイト

| 日常 | 08:26 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

お邪魔します(*゜▽゜)ノついったーから参りました。

心のこもった歌を歌うって本当に難しいですね。
ましてや、感動させるということは。

自分の過去の経験にシンクロか・・・
考えさせられました。

| 黄月琉奈 | 2011/06/02 18:48 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://areqi.blog91.fc2.com/tb.php/152-6303acfb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。